野田市名物&みやげなご当地コーヒーのマックスコーヒースイーツです。

やっちまった系【千葉みやげ・野田名産】野田市発祥!マックスコーヒーサブレ・20枚入り [7960]

やっちまった系【千葉みやげ・野田名産】野田市発祥!マックスコーヒーサブレ・20枚入り [7960]

商品詳細

やっちまった系【千葉みやげ・野田名産】野田市発祥のあの缶コーヒーが!!

手土産・お土産に最適です!
その昔、利根コカ・コーラの本社が野田市に!!千葉県や茨城県でしか買えなかった缶コーヒー!、その名は「マックスコーヒー」と言います。煉乳入りの甘〜〜〜い缶コーヒーです。人気なサブレで新登場!

 

マックスコーヒー誕生秘話(マックスコーヒーシフォンケーキ外装紙の裏面記載)

野田市が発祥!マックス缶コーヒー

【野田市発祥】

マックス缶コーヒーは、野田市にあった利根コカ・コーラ本社が起源!!利根コカ・コーラ内の利根ソフトドリンクが製造だったんです。当店の近く〜!!今では、コカ・コーラは日本全国に統一合併して全国区〜いわゆる野田市発祥!!な黄色いヤツ・・・

野田市発祥!マックス缶コーヒー

【マックス缶コーヒー誕生秘話】

 私の父は私が生まれたころからコーヒー焙煎などの仕事をしており、研究熱心で新商品を生み出すことに長けていました。昭和36年ごろ、鳥羽博道氏(ドトールコーヒー創業者)らとともにミルクコーヒーの開発をし、これを大手乳業会社に持ち込んだところ、その美味しさに驚かれ早々製品になりました。これがコーヒー牛乳製品になりました。

父は、コーヒー牛乳味の缶コーヒーが、作れないかと考え、昭和50年頃にようやく利根ソフトドリンク株式会社(利根コカ・コーラ(野田市)子会社)から父の会社のコーヒー牛乳を使って甘さマックスの缶コーヒーを売り出す事が出来ました。デザインは私のラッキーカラーである黄色をベースに房総の黒潮を思わせる黒の波模様を付けたものが採用されました。MAX Coffeeの商標は、私の会社が権利を引き継いでおり、コーヒーについては日本コカ・コーラ株式会社に使用許諾しています。コーヒー以外の商品については株式会社やます(販売元)に商標を使って頂くことになりました。

コカ・コーラが、食品を取り扱わない方針を探る中、MAX Coffee缶の故郷千葉で甘さマックスのコーヒー味の食品が商標の元発売されるのは、私にとって感慨深いものがあり大変うれしい事です。

株式会社鈴木コーヒー
代表取締役社長 鈴木 和孝


 
品 名:マックスコーヒーサブレ
内 容:一粒づつ個包装20枚入り
【サブレ】
容 量:20個入り(個包装)
賞味期限:6カ月
原材料:小麦粉(国内製造)、砂糖調整品(砂糖、小麦粉)、マーガリン、鶏卵、アーモンドパウダー乳等を主要とする食品、食塩/香料、着色料(大豆由来)、膨張剤、酸化防止剤(ビタミンE)
※直射日光・高温多湿を避け、常温で保存してください。
※開封後は、お早めにお召し上がりください。
※画像の缶コーヒー(マックスコーヒー)は、見本ですので付きません。別途お買い求めください。
 
【外装】
包装紙:紙
箱サイズ:紙箱・約19.7×24×3.5cm
 
【本製品に含まれるアレルゲン(28品目中)】
小麦・卵・乳成分・大豆・アーモンド
 
【栄養成分表示】1個当たり
エネルギー:55kcal
タンパク質:0.7g
脂質:3.9g
炭水化物:4.1g
食塩相当量:0.02g
 

販売価格: 1,290円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

 手提げビニール袋は有料になりました。

ショッピングバッグは有料化紙袋
 ビニールショッピングバッグは有料になりました。
※デザインは変更になる場合がございます。
 紙袋は数量分無料でお付けいたします。
※デザインは変更になる場合がございます。

2020年7月1日より、ショッピングバッグが有料化になりました。※選択必須

ショッピングバッグの有無:

のし紙の上書きをお選びください

 熨斗の種類

蝶結び 結び切り 結び切切り10本 関東藍銀・仏事・弔事 ゆりデザイン・弔事
各種内祝・お祝は蝶結び
婚礼以外
 快気祝・お見舞などは結び切り5本 婚礼は結び切り10本 弔事・仏事の藍銀関東 弔事用・無宗教に
のし上の内容 (任意):
のし上備考欄 (任意):
最大15文字
「のし上の内容」に無い場合、ご希望ののし上をご記入下さい。

のし下のお名前をご入力

連名の場合は改行して、ご入力下さい。

のし下の名入れ内容 (任意):
最大50文字

外熨斗(包装の外)か内熨斗(包装の中)の選択

商品により、外のししかできない可能性もあります。ご了承ください。

外のし・内のしの選択 (任意):

販売価格: 1,290円(税込)

数量:

Facebookコメント